百合ヶ丘のからだ想いのカフェ cafe Sante[カフェサンテ]

cafe Sante Blog

- 私たちの毎日を伝えます -

  • みぃみぃ

みぃさんの日記

お豆腐ハンバーグ

9月に入りました。
秋が一気にきてしまった、そんな陽気です。
間も無く丸2年を迎えるSante、3年目はオーガニック料理ソムリエとしていろんなことを発信していけたらいいなと思っています。

お豆腐のハンバーグを作りました。

今まではお豆腐、ネギ、人参、米粉で作っていましたが、
最近はお豆腐に鶏の胸肉や旬の魚、5色の野菜を入れて作っています。
繋ぎの粉は使いません。
繋ぎの粉にもしっかり糖質が含まれるからです。

image

1個80gのハンバーグを10個作るのに使う鶏胸肉はたったの1枚。1枚200gとして一個あたり20gの鶏肉が入る計算になります。
鶏の胸肉に含まれる糖質量は100gあたり0.1g。
ベジで作るお豆腐ハンバーグよりグッと糖質量が下がります。
エイジングケア中のみぃさんにはとっても嬉しいハンバーグです。
鶏肉は胃腸を温め消化を助けてくれます。
鶏肉は塩麹に漬けてから使っているのでさらに消化力アップしています。
そして、何かを作るとき5つの色の食材を使うこと、これもバランスを整えるルールです。

今回は
赤 パプリカ
青(緑) 小松菜
黄 とうもろこし
白 お豆腐、おから、鶏肉、玉ねぎ
黒 ひじき
この材料で作ります。
お豆腐だけで作るハンバーグにはいまいちな反応のマスターさんもこれなら「美味しい!」と食べてくれます。
ダイエット中のお父さんにもいいかも!

焼いたお豆腐ハンバーグに甘醤油麹をかけたら
からだ想いのお豆腐ハンバーグの出来上がりです。

お野菜だけでハンバーグを作ろうと考えると
必須となるのが繋ぎになる粉となってしまいます。
粉を使えば糖質もアップ!お豆腐でヘルシーなのになんとなく重たくて粉っぽい
そんなこともなくなり、味もグッとよくなりますよ。
べジで食べるよりバランスが整うおかずとなります。
小さなお子様からお年を召した方まで楽しめます。

3年目はエイジングケアにサンテプレートをご用意しようと考えています。
エイジングケア食材と言われるお魚やお肉を使ってバランスの整ったご飯を楽しむ
これ目標です。

本日お豆腐のハンバーグは夜カフェで食べられます。
18時半オープン 皆様のお越しをお待ちしております。

今日は梨のタルトタタン(グルテンフリー)もご用意しています。